短期間ですっきりボディ!ファスティングばっちりガイド

やり方次第でカラダが変わる!ファスティングのすべてを教えます

ファスティング
体験日記

おすすめアイテム
酵素ドリンク比較

ファスティング方法~2日・3日コース編~

2日~3日間のファスティングの方法や回復期間の過ごし方、効果などについて解説します。

2日・3日の長期ファスティングは身体をリセットしたい方におすすめ!

数日間の断食は、身体をしっかりリセットしたい方におすすめです。断食は体内の毒素を排出することで、免疫力や抗体力、自然治癒力を高める効果があります。

もちろん半日、1日でも効果がありますが、3日間かけて行うことでより確実な効果が期待できます。口コミでも「1日断食より身体がポカポカする」、「体重が減った」、「お腹周りがスッキリした」などの声が多いようです。

しかし効果が出やすい分、リバウンドもしやすくなります。復食にもきちんと時間をかけて丁寧に行うことが大切になってきます。

準備日と回復日を考えると、断食に集中するなら全部で5日前後必要になります。できれば大型連休などの長期の休みに実施しましょう。2か月に一度行うことで、本格的な体質改善効果も狙えますよ。

2日・3日ファスティングの効果をチェックする!

コップ準備期間
身体に負担をかけないよう、 断食の3~4日前から準備する期間です。糖分や油分を避けて胃腸を慣らしていきましょう。
徐々に食事の量を減らし、前日の夕食はいつもの7分目くらいの量にします。

コップ断食期間
朝起きてから夜寝る前まで、水や酵素ドリンクのみで過ごします。
酵素水は身体の代謝機能を高めるだけでなく、腹持ちもよいのでおすすめ。酵素水を携帯し、お腹がすいたら飲みましょう。
意外と空腹が紛れますので、断食中の心強い味方となってくれるはずです。

コップ回復期間
断食期間が終わったら、回復食をスタートさせます。ここで急にドカ食いするとリバウンドしてしまうのでご用心。
始めは重湯からスタートし、具なしの味噌汁や野菜スープなどの汁物を取り入れていきましょう。油分や肉・魚は避けてください。
ここでは回復期間の過ごし方やルールの他、回復食の定番「重湯」「おかゆ」などのメニューとそのレシピも紹介しています。ぜひ参考にしてくださいね。

こんな方におすすめ

3キロ痩せたい方は「2~3日コース」

本格的なファスティング2~3日コースでは、多くの人が2~3kgの体重減少を経験します。

宿便もなくなり、お腹周りもスッキリすることでしょう。長期間にわたる断食で、ダイエット効果が期待できます。

もちろん、ここで安心して暴飲暴食に走ってはリバウンド一直線。せっかくスリムなボディを得たのですから、きちんと維持するために、節度のある日常生活を送りましょう。

まだ、本格的に脂肪を落とすダイエットを始めるための準備段階なのです。

準備するもの

ファスティング2~3日コースで準備してほしいものは、「水」と「スムージー」もしくは「水」と「酵素ドリンク」です。

水を飲んで太るということはありません。むしろ、水分を摂らなければ、体は水分の排出制限を行い、かえってむくみます。それを放っておくと水太りになりかねません。

そして何より、断食中の脱水症状を避けるためにも、水は十分に摂取するようにしてください。

水の他に準備するものは、グリーン・スムージーや酵素ドリンク。どちらでも良いのですが、普段からグリーン・スムージーを作り慣れていない方には、酵素ドリンクをおすすめします。

というのも、グリーン・スムージーを作るには、案外手間がかかるからです。食材の購入からミキサーの購入、そして調理と、まめでない人には長続きしない可能性があります。

2~3日コースの流れ

ファスティング2~3日コースの流れをまとめました。

コップ準備期(3~4日間)

2~3日のファスティングを行う際は、実行日の3~4日前から準備に入りましょう。前々日までは普段通りの食事をして構いません。

ただし、前日は腹7分目程度で抑えておき、ファスティングに向けた胃を作っておきましょう。胃の負担を軽くすることで、スムーズにファスティングに入れるようになります。

※準備期間の食事NG例…前々日までは普段通りの食事と言いましたが、この期間は、ファスティングに向けた体作り・胃作りの期間です。胃に負担のかかる油や糖分の多い食事は避けてください。

コップファスティング当日(3日間)

ファスティング当日は、酵素ドリンク水のみで過ごします。

酵素ドリンクは、1日に1.5リットル~2リットルが目安です。

また、水の代わりにカフェインの含まれていないお茶でもOK。お腹がすいたら酵素ドリンクを追加して飲みましょう。

この間の注意事項として、脱水症状に陥らないよう、水を多めに摂るようにしてください。

また、固形物の摂取もタブーです。胃腸を休ませている期間だからです。

コップ回復食(2日~3日間)

回復期の食事例として、重湯具なしの味噌汁から始め、おかゆ豆腐などを摂取しましょう。

また、胃にやさしい材料を使った、手作りの「ロースープ」もおすすめです。消化の良い流動食で、体を徐々に慣らしていきましょう。

なお回復食で過ごす日数は、原則としてファスティング日数となります。1週間程度、胃に負担のかからない食生活となりますが、この1週間で体内は大きく変化していることでしょう。

2~3日コースのポイント

ファスティング2~3日コースのポイントを6つまとめました。

  • スケジュールを立ててファスティングを実行

準備期は問題ないかも知れませんが、ファスティング期間・回復期間が、仕事のある平日とかぶるのは良くありません。断れない誘いなどが入る可能性もあるためです。できればGWなどの連休を利用して行うのが良いでしょう。

  • 水をたくさん飲む

重ねての助言ですが、ファスティング期間中や回復期は、水をたくさん飲むようにしてください。脱水症状を避けるためという目的の他にも、酵素の力を引き出すためにも水分は必要です。

  • お腹がすいたらスムージーか酵素ドリンクを飲む

ファスティング中にお腹がすいた場合には、原則として、スムージーか酵素ドリンクでしのぎましょう。胃腸を働かせる固形物、乳製品、卵類は厳禁です。なお、どうしても空腹に耐えられなくなったら、フルーツを少し口にしてみてください。

  • 回復食は軽い食事から徐々に戻していく

ファスティング期が終わると、解放感から、「1日くらい大丈夫」と考えて、つい食べ過ぎたり飲み過ぎたりしてしまうもの。しかし、リバウンド防止、痩せやすい体質作りのためにも、回復期を丁寧に過ごすことはとても大事なことです。消化の良い流動食を中心に摂り、徐々に体を慣らしていきましょう。

  • 回復食に乳・卵製品は避ける

乳製品や卵黄にはタンパク質が多く含まれており、肉と同様。消化に時間がかかる食品です。胃腸に負担をかけないためにも、少なくとも回復期の3日間だけは、乳製品、卵製品を摂らないようにしましょう。

  • 回復食はしっかり3日間

回復食は、ファスティングの日数と同じ期間だけ続けてください。断食を3日行ったら、回復食の期間も3日間とします。この間は、食事で胃に負担をかけることのないよう心がけてください。

 

ファスティング体験日記~自宅で3日コースに挑戦!~私の体験レポはこちら

ファスティングのお供に酵素ドリンクBEST3

極み

極み

価格

180ml入りお試しサイズ:
通常価格2,700円
1,600

添加物なし

公式ページ

デジベーツ

デジベーツ

価格

500ml1本+炭酸水2本:
通常価格5,378円
4,572

添加物なし

公式ページ

野草専科

野草専科

価格

720ml×1本:
通常価格9,450円
4,572

添加物なし

公式ページ

サイトマップ