短期間ですっきりボディ!ファスティングばっちりガイド

やり方次第でカラダが変わる!ファスティングのすべてを教えます

ファスティング
体験日記

おすすめアイテム
酵素ドリンク比較

RINXの運営会社リンクスホールディングス(RINX PLUS)の概要&社長

コスパだけでなく、安全性や効果の高さも魅力的と評判のRINX(リンクス)。そんなRINXの運営会社リンクスホールディングスの口コミ・評判・評価と、それ支える二人の経営者について調べてみました。ここでは従業員の口コミや経営トップたちの想い&ビジョンからRINX(リンクス)の魅力について紹介していきます。

リンクスホールディングス(RINX PLUS)の口コミ、評判、評価をあつめました。

リンクスホールディングス(RINX PLUS)の口コミ・評判・評価をまとめました。現役のエステティシャンや、すでに退職した方のコメントから、会社の今後を考察してみましょう。

リンクスホールディングス(RINX PLUS)の組織体制や文化に関する口コミ・評判・評価

リンクスホールディングス(RINX PLUS)の年収や給与に関する口コミ・評判・評価

リンクスホールディングス(RINX PLUS)のキャリアアップやスキルアップに関する口コミ・評判・評価

リンクスホールディングス(RINX PLUS)の将来性についての口コミ・評判・評価

リンクスホールディングス(RINX PLUS)の口コミ、評判、評価のまとめ

男性のエステサロンは人気があり、業界でも働く人が増えてきています。口コミを見ると、リンクスホールディングス(RINX PLUS)は結果を出せば役職に上がれる実力主義、売り上げが給与に反映される成果主義の会社であることが分かります。また施術スキルだけでなく、接客についてのスキルアップにも力を入れているようで、RINX(リンクス)のサービス品質向上への取り組み姿勢が伺えます。これらはRINX(リンクス)が業界を牽引するほどの勢いで急成長している理由の一つだと考えてよいでしょう。顧客のニーズに合わせて店舗数は増え続けており、今後もますます成長が見込まれる企業です。

リンクスホールディングス(RINX PLUS)が行う研修の評判は?

男性が身近に感じる脱毛サロンとして、全国に店舗を展開してきたRINX(リンクス)。お客様にメンズ脱毛をもっと身近に感じてもらえるよう、脱毛技術の向上だけでなく、接遇に関する研修にも力を入れて取り組んでいます。

きめ細かい研修制度

RINX(リンクス)ではお客様に気持ちよくサロンに通ってもらえるよう、医療レベルに及ぶ知識の習得や技術力・サービス向上に関するきめ細かな研修を実施。具体的には月に一度、3種類に及ぶ接遇研修のほか、役職ごとに4種類の教育研修があります。店舗によっては週ごとに技術や接遇に関するチェックが行われるなど、サービス水準の維持・向上に取り組んでいます。

研修内容(接遇に関する研修)

長い時間をお客様とスタッフがマンツーマンで過ごすことの多い脱毛施術では、高い技術力だけではなく、接客面でもお客様に喜んでもらえるサービスを提供できることが求められます。RINX(リンクス)では接遇研修を全スタッフに実施することで、お客様一人ひとりに真心を込めたサービス品質を実現。

脱毛を利用する方は、年齢層から性格、体毛に関する悩みまで多種多様。高いコミュニケーション能力を身に付け、個々のお客様の気持ちに寄り添うことの大切さを研修を通して学んでいます。

研修内容(技術に関する研修)

肌の調子や体毛の状態など、お客様一人ひとりに合わせた対応が必要となる脱毛施術。RINX(リンクス)ではより効果的で安全な施術の提供を行うため、脱毛技術の研修を徹底しています。また、肌理論や毛髪理論など医療レベルの知識の習得に力を入れているのもRINX(リンクス)の特徴。

脱毛施術は非常にデリケートな対応が求められます。入社後の新人研修や日々の施術の経験だけでなく、週ごとに行われる研修を全店舗で行い、高水準の技術と知識をもって、サービス提供を行なっています。

研修の評判

RINX(リンクス)では、お客様に対して真摯に対応するように、社員一人ひとりにも丁寧に寄り添った研修を行っています。講師から的確なアドバイスを受けながら知識と技術を身に付けられる、一人ひとりが成長を実感できると社員からも評判とのこと。また、研修を受けることで技術以外にも、お客様に真摯に向き合うことの大切さや自身の仕事に向き合う姿勢の重要性など、社員一人ひとりのモチベーション向上にも大きく寄与しているのだそうです。

リンクスホールディングス(RINX PLUS)の取締役の評判。藤木潤一専務と渡邊丈洋常務とは?

専務、藤木潤一氏の人柄について

リンクスホールディングス(RINX PLUS)の藤木潤一専務の評判や人柄などについてまとめました。

リンクスに入社したきっかけ

藤木氏はもともと友人がリンクスで働いていて、そこからリンクスを知ったといいます。幼いころから何かを作るのが好きで、今後のリンクスの展望を聞いて事業の拡大や自分のスキルアップ・成長につながると考え、友人に紹介してもらったのをきっかけとして入社したそうです。当時はリンクスも6店舗しかない小さな会社で、藤木氏は脱毛のことは何もわからなかったとのこと。しかし、メンズ美容業界のエキスパートとして価値のあるサービスを提供したいとの思いから、入社してからの期間で成長し、今では誰にも負けないほどの脱毛愛があると言います。

男らしいエピソード

学生時代は叶えたい夢がたくさんあったが、全てを実現するのは難しい家庭環境だったと語る藤木氏。それでもここまでの道のりを支えてくれた両親へ感謝し、感謝の気持ちを形にして伝えていると言います。現在は学生時代よりも夢が増えたという藤木氏は、自身の力で夢を叶えられる舞台にいるからこそ、全力で夢の実現に向かって行動しているようです。仕事でも福利厚生の充実とやる気・結果次第で成長できる環境を整え、スタッフが夢や目標を叶えるためのサポートも欠かさず実施。頼れる専務となっています。

学生時代、自身の夢が沢山ありました。なかなか叶えられない家庭環境にありましたので諦めなければなりませんでしたが、今現在学生時代よりも沢山の新たな夢が出来、自身の力で夢を叶えられる舞台に立てている事です。その一つが両親に感謝の気持ちを毎月形にして伝えている事です。

前職の経験で培われたスキル・知識

前職の営業職で学んだコミュニケーション能力が、今の仕事で活かされているという藤木氏。藤木氏は各企業の社長さんや役員の方とお話しする機会が多く、スキルや知識ももちろんですが、そこからたくさんの経験を得られたそうです。

脱毛サロンの店舗運営・企業経営のやりがい

メンズ脱毛業界が急成長している中で、RINXというブランドの看板を背負って店舗運営ができる喜びがやりがいです。また、社会貢献の手伝いが出来ていることにもやりがいを感じているそうです。

仕事で苦労したこととそれをどう乗り越えたか

脱毛をしたいと考えていた学生がいましたが、なかなか親御様の同意が得られなかったことがありました。その際に藤木氏自ら親御様と話し、本人の代わりに脱毛に対する熱い想いを伝えたそうです。脱毛を受けたあとは「ありがとう」と言ってくれて、目に見える結果が出たことにとても幸せな気持ちになったそうです。

常務、渡邊丈洋氏の人柄について

リンクスホールディングス(RINX PLUS)の渡邊丈洋常務の評判や人柄などについてまとめました。

渡邊丈洋氏のRINX(リンクス)との出会い

渡邊氏はリンクス入社前にいくつかの企業で就職していましたが、自分自身がやりがいと誇りを感じる仕事には出会えなかったとのこと。このまま仕事を続けていていいのか、一度きりの人生がもったいなくないかと考えるようになった頃、リンクスと出会ったそうです。当時は店舗数が少ない小規模の会社でしたが、渡邊氏はリンクスの目指す経営像を聞いて深く感動。唯一無二の事業を確立しようとする取り組みに関われるという魅力的な仕事に惹かれ、入社を決めたと述べています。

男らしいエピソード

昔から「男性にかっこいいと思われる男になりたい」という志をもとに、悩みを抱えた後輩に食事をごちそうするなど善意的な行動に取り組んでいる渡邊氏。しかし、重要なのは善意的な行動そのものではありません。渡邊氏は「私が行う善意を後任へと繋ぐ意志」を重視しており、行動を受けた本人が恩を感じたのであれば、自身ではなく後輩に同じような善意からの行動を引き継いでほしいとのこと。あくまでも強制ではなく、自分がされた嬉しかったことや感銘を受けたことを後任に受け継いでくれると信じて、自発的に行動しているそうです。

前職の経験で培われたスキル・知識

いくつかの職業を経験した中で、渡邊氏にとって1番活きているスキル・知識は美容室に勤めていたこと。当時はアシスタントとして働いており、お客様が喜んで下さった上で料金を支払ってくれるということに対しての「感謝の意識」が活きているそうです。どんな職業でも「存在する=必要とされている」という表れですが、渡邊氏にとって感謝されるということほど価値があるものはないと感じているそうです。

脱毛サロンの店舗運営・企業経営のやりがい

脱毛サロンの店舗運営と企業経営においてのやりがいは、「人に豊かさを与えられる」ということ。豊かさとはたくさんの物を手に入れるという意味ではなく、大切な人と過ごすことや、その大切な時間をどう過ごしていくかといったものです。脱毛サロンの店舗運営では、お客様一人ひとりにメンズ脱毛サービスを通じて豊かな未来を届けること、企業経営では自社社員だけでなく提携している協力企業様と共に成長していくことがやりがいだと感じているそうです。

仕事で苦労したこととそれをどう乗り越えたか

渡邊氏が最前線で教育に携わっていた頃、スタッフを思うがあまり厳しい言葉を投げかけた経験があるそうです。厳しい言葉を投げかけられたスタッフは、実はプライベートで大きな悩みを抱えていたのだそう。それに気付けなかったのは自分自身のミスであり、心を強く痛めた経験になりました。しかし、渡邊氏はそのスタッフに想いを伝えることを諦めなかったそうです。出来る限りさまざまな対策をとり、対面で指導を続けていったという渡邊氏。その結果、今では最高責任者として活躍しているそうです。

藤木潤一専務と渡邊丈洋常務にとってのリンクスホールディングスとは?

専務・藤木潤一氏からみたRINX(リンクス)とは?

専務・藤木潤一氏にとってのRINX(リンクス)、リンクスホールディングスとはどんな会社か?

RINX(リンクス)に入社する以前は、男性の脱毛について知識が全くなかったという藤木氏。当時RINX(リンクス)で働いていた友人から、会社が掲げる今後の展望を聞き、事業に携わることで自分自身の大きな成長にも繋がると考え、RINX(リンクス)に入社しました。入社後に初めて脱毛を経験した藤木氏は、ヒゲがなくなるだけで自身に対する周囲からの印象がガラリと変わったことに驚いたと言います。実際に脱毛を体験し、その効果を感じたことで、脱毛が体毛の悩みを抱えるお客様にとって人生を大きく変える手助けになると確信。RINX(リンクス)が提供する安心・安全の脱毛サービスで、お客様に幸せと人生の豊かさを提供できると考えています。

専務、藤木潤一氏の今後のビジョン

メンズ美容の需要が高まっている現在ですが、脱毛は女性が行うものという社会のイメージがまだまだ強いという現状の中、身近な脱毛サロンを目指すRINX(リンクス)の役割は大きいと藤木氏は考えています。お客様に寄り添ったより良いサービスを提供するために、スタッフの育成や脱毛機の開発に日々注力。全国への店舗拡大を今後のビジョンとし、RINX(リンクス)がメンズ脱毛業界を牽引し社会に貢献できる大きな存在になるため日々取り組んでいます。

常務・渡邊丈洋氏からみたRINX(リンクス)とは?

常務・渡邊丈洋氏にとってのRINX(リンクス)、リンクスホールディングスとはどんな会社か?

メンズ脱毛がまだ世間に浸透していない頃、渡邊氏はRINX(リンクス)と出会いました。当時、全国でわずか5店舗という規模の会社でした。しかしやりがいと誇りを感じる仕事をしたいと考えていた渡邊氏にとって、大きな経営ビジョンを描きメンズ脱毛の拡大に向けて成長するRINX(リンクス)は、とても魅力的に感じたそうです。自身も体毛のコンプレックスを抱いていた渡邊氏は、脱毛を体験し、これまでの悩みから解放された感動を経験。脱毛することによって自らの人生が豊かになったと感じたとのこと。また、これまで多くのスタッフの人材育成に携わっており、心強いスタッフたちがRINX(リンクス)の成長を支えていると強く感じているそうです。

常務、渡邊丈洋氏の今後のビジョン

RINX(リンクス)を美容業界だけでなく、社会を代表とする企業へ成長させたいと考えている渡邊氏。身だしなみの一つとして、メンズ脱毛のニーズが社会的に高まっていることを受け、メンズ脱毛の安全性や信頼性がさらに世に認知されることを目標としています。営業の利益を求めるだけでなく、お客様の悩みに真摯に寄り添い、笑顔になれるサービスを提供することがRINX(リンクス)の価値になると話す渡邊氏。全国に100の店舗を展開するため、RINX(リンクス)とメンズ脱毛の成長に尽力しています。

リンクスホールディングス専務・藤木潤一氏と常務・渡邊丈洋氏の社員・スタッフに対する気持ち

常務・藤木潤一氏

藤木潤一氏は、スタッフを全力でサポートし、給料や精神面の両方を満たす「物心両面の幸せ」を追求しています。年齢や社歴に関係なく、スタッフ一人ひとりのやる気や仕事の成果で、昇級や給与をアップさせる制度を導入。「39FUKURI」というオリジナルの福利厚生を取り入れ、ボーナスに制限のない賞与無限制度や、接遇面でのスキルアップができるホスピタリティマスター制度など充実させました。「全スタッフにキャリアアップのチャンスを与えたい」という想いから取り入れたという藤木氏。この制度を導入してから、入社半年で店長になったスタッフや、月収が70万円になったスタッフもいるのだそうです。

常務・渡邊丈洋氏

「お客様への最高のサービスを提供すること」を譲れない信念のひとつとして掲げている常務・渡邊氏。RINXに訪れるお客様に、常に最高のサービスを提供するため、現場にいるRINXのスタッフたちが活躍できるような環境作りに力を入れています。一人ひとりが自分の持つ能力を成長させ、磨いた才能を充分に発揮できる場所を作り上げるために、日々業務に取り組んでいるそうです。RINXを支えてくれる社員の一人ひとりが、未来に目を向け、自分の描いた夢を実現できるようにサポートしていくことが自分の使命と考えています。社員がスキルアップできるような環境が整えられているからこそ、メンズ脱毛専門店・RINXは急成長を続けられていると話す渡邊氏。常にスタッフや社員への思いを忘れないという精神が伝わります。

リンクスホールディングス専務・藤木潤一氏と常務・渡邊丈洋氏のお客様に対する思いとは?

常務・藤木潤一氏

メンズ脱毛サロンが増えていくなかで、RINX(リンクス)の脱毛を選んでくれたお客様の気持ちを大切にしたいと話す藤木氏。「メンズ脱毛ならRINX」と言ってもらえるよう、脱毛サービスの向上に取り組んでいるそうです。

医師監修の元、オリジナル脱毛機「INNOVATION」を開発・導入するなど、脱毛サービスの安全性と効果を追求しています。さらに、悩みを抱えたお客様を笑顔にしたいという思いにかえ、ワンランク上のサービスを提供するため、スタッフの教育にも力を注いでいます。

常務・渡邊丈洋氏

渡邊氏は、自身が体毛に悩まされた経験から、メンズ脱毛は人生に大きな変化を与えるひとつの方法だと考えています。

コンプレックスから解放され、なりたい自分になるために、気軽に男性が脱毛サロンへ通える環境作りを重視。快適にサロンに通うために、RINX(リンクス)の店舗で出会うスタッフのスキルやプロ意識を高め、お客様へ全力でサポートを行っているのだそうです。

ただ体毛を減らす脱毛ではなく、サロンに通う一人ひとりの望みや理想に寄り添い、新しい自分に出会えるような脱毛サービスの提供を理念に掲げて運営に取り組んでいます。

リンクスホールディングス専務・藤木潤一氏と常務・渡邊丈洋氏のメンズ美容(脱毛)業界に対する課題意識や理想とは?

専務・藤木潤一

美容に関して高い意識を持つ男性が増加傾向にあり、ここ10年の市場規模も倍増して急成長を遂げています。とはいえ、ニーズが高まっている現在でも、まだまだメンズ脱毛に対する抵抗感や近寄りがたく通うのをためらっている方が多いのも現状だと語る藤木氏。

今までのメンズ脱毛のイメージを払拭して、毎日の暮らしに身近に感じてもらえるサロンへと進化させたいと話しています。

常務・渡邊丈洋

美容における正解は一人ひとりで異なると語る渡邊氏。誰にでもこだわれるメンズ美容が身近になることが課題であり、メンズ脱毛業界が先駆けとなって認知されることが理想だと考えています。そして信頼や安全が当たり前になり、より人とのつながりが栄えることを目標としていると、渡邊氏は話しています。

リンクスホールディングス専務・藤木潤一氏と常務・渡邊丈洋氏が仕事で苦労したこととは?

専務・藤木潤一

藤木氏が一番印象に残っている出来事として挙げたのは、「脱毛をしたい」とリンクスに来店された学生さんとのエピソード。本人は脱毛を希望したのですが、親御さんがなかなか同意しなかったそうです。

学生さんの「脱毛したい」という強い要望を叶えてあげたいと、自ら親御さんとお話しをされた藤木氏。脱毛に対する熱い思いや、脱毛を経験して人生が大きく変わることもあるとお話しされた結果、親御さんが納得し脱毛を承認されたそうです。

それからリンクスで脱毛された学生さんは性格が明るくなり、表情も初めて来店されたときより柔らかくなったのだとか。親御さんからも感謝の手紙をいただいたそうです。その学生さんから「ありがとう」と言ってもらえただけでなく、目に見えて結果が出たことに幸せを感じたと藤木氏は語っています。

常務・渡邊丈洋

これまで数多くの人財育成に携わってきたという渡邊氏。しかし、その道のりはすべて順風満帆というわけではなかったと言います。

その一つのエピソードとして、渡邊氏が最前線でスタッフの教育を行っていた頃、スタッフのことを思うがあまりに厳しい言葉を投げかけてしまった経験があるそう。しかし、当時そのスタッフはプライベートで大きな悩みを抱えていたのです。

状況に気づいてあげられなかったことに強く心を痛めた渡邊氏ですが、スタッフを成長へと導く指導だと信じ、あえて想いを伝え続ける選択をしたそう。できる限りの対策を行い、スタッフと正面から向き合うために対面で指導を行っていったのです。

結果的にその想いが良いきっかけを生んで大きな成長へとつながり、そのスタッフは最高責任者にまでキャリアアップしました。

常に思いやりの気持ちを持ってスタッフと接している渡邊氏。一緒に働く仲間と人生レベルで付き合い、成長し合えることが「大きな経験値」となっていると話しています。

リンクスホールディングス専務・藤木潤一氏と常務・渡邊丈洋氏ってどんな人?

専務・藤木潤一

2013年にリンクスに入社するまでメンズ脱毛とは無縁だった藤木氏。入社後に脱毛をした際、魅力に気づき、ヒゲや体毛に悩むお客様の力になりたいと決心。その想いと、前職の営業で身に付けたコミュニケーション能力でお客様へ手厚い接客をしてきました。その積極的な姿勢が認められ、入社からわずか1年で東京池袋店の店長に。そして入社から5年後には代表取締役専務に就任するというスピード出世を果たしたのです。

常務・渡邊丈洋

リンクスに入社してわずか9ヶ月で大阪梅田店の店長に就任した渡邊氏。その後、京都河原町店・東京品川店・茨城水戸店と3つの新店舗のオープン最高責任者として活躍しました。その中でスタッフ8名を新店舗の店長へ成長させたことが評価され、人財マネジメント事業部統括部長に就任。人材育成のスキルが認められ、代表取締役常務にまで上り詰めたのです。

リンクスホールディングス専務・藤木潤一氏と常務・渡邊丈洋氏の大切にしている仕事のポリシーとは?

専務・藤木潤一

藤木氏が大切にしているのは、「お客様だけでなくスタッフの気持ちも考えて、常に感謝すること」。相手主体というリンクスのポリシーが身に付いているのでしょう。1人でも多くのお客様を笑顔にするため、現状に満足することなく「提供できるサービスを最高級のものにしよう」と常に努力し続けています。メンズ美容業界のエキスパートとしての責任ある行動をとる姿に、スタッフたちも奮い立たされているそうです。

常務・渡邊丈洋

お客様あってのメンズ脱毛だと考えている渡邊氏は、仕事をするうえで「お客様へ最高のサービスを提供すること」を1番大切にしています。その実現のために、特に重視しているのは対人関係。良い対人関係を会社内でつくりあげることで、社員のモチベーションがアップし、お客様へのサービスの質も同時に向上すると考えています。良い対人関係を築き上げるために、社員全員がお客様と仲間に対して感謝を忘れないことも重要だと捉えています。

リンクスホールディングス専務・藤木潤一氏と常務・渡邊丈洋氏の座右の銘は…

専務・藤木潤一

「情けは人の為ならず」が藤木氏の座右の銘。人のために行動したことが巡り巡って自分のためになるということわざのように、会社を支えてくれる社員のために新しい福利厚生をつくりあげました。自分の夢を追いかけることで、リンクスにもプラスになる福利厚生のシステムは、社員満足度が高い理由のひとつです。

常務・渡邊丈洋

渡邊氏の座右の銘は、アインシュタインの名言である「天才とは努力する凡才のことである」。「天才と呼ばれる人の裏には必ず努力がある」という言葉を「努力に勝る才無し」と渡邊氏は捉えています。人の才能に嫉妬するのではなく、自分で努力することが大切だと考えているため、渡邊氏自身も血のにじむような頑張りで今のキャリアを手に入れたのでしょう。

リンクスホールディングス(RINX PLUS)の社長の評判。2人の社長、讃岐交雄氏と長嶺拓氏とは?

社長、讃岐氏の評判。讃岐社長とは?

リンクスホールディングス(RINX PLUS)の讃岐社長の評判や人柄などについてまとめました。

男らしいエピソード

RINX(リンクス)入社時の面接で「8年付き合っている彼女と入籍し、リンクスで命を懸けて働きたい!」と豪語し、その熱意と覚悟を買われ採用されたそうです。さらに入社して半年後にはRINX(リンクス)史上最短で新店舗の店長を任されました。RINX(リンクス)を大切に、大きく育てていきたいという強い思いと覚悟を持っています。

仕事をする上で大切にしていること

相手が何を求めているのか?どうしたいのか?どんな気持ちか?等々について、相手になりきり、相手のことを考えに考え抜くことを大切にしているとのこと。相手がお客様の場合はもちろん、社員に対してもそのように接しており、常に相手のことを考える事で多くの気づきを得ることができ、改善していくことができるそうです。人の主体性を尊重し、自分に関わるすべての人を大切にするという姿勢がうかがえます。

そんな讃岐氏の座右の銘は「現状とは、良くも悪くも全て自身が選んだ結果である」とのこと。たとえ現状が良くても悪くても、すべては何らかの目的や目標を叶えるために自分自身で選んだ結果であるという強い意志が感じられます。

影響を受けた偉人や有名人

常に熱い思いを持ち仕事に取り組んでいる讃岐氏は、エイブラハム・リンカーンの「夢を実現させるという強い決意が何よりも重要であることを忘れてはならない」という格言に大きな影響を受けているようです。アメリカ合衆国の第16代大統領として活動したリンカーンは、アメリカ南部の奴隷解放など歴史に残る大きな功績を残した偉人。情熱と固い決意を胸に、自身に影響を与えた偉人リンカーンのように、メンズ美容業界の今後の展望と大きな飛躍に向け取り組んでいます。

人材育成について

どんな企業にとって人は最も価値のある財産だと考えている讃岐氏。人材育成はその財産を守るうえで重要です。磨き続けてさまざまな企業が欲しがるような財産にするよう育てていくのが、人材育成と考えているそうです。誰が見ても価値のある財産だと思われる教育、指導をするための環境を用意することが企業としての役割だと考えています。

RINXで働くのに向いているのはどんな人か

「今の自分を変えたい」「とにかく成長したい」「人の役に立ちたい」といった野心溢れる想いや、究極のサービスを提供したいという人が向いているそうです。RINXでは自分のこれまでの人生に後悔をしている人たちが活躍しているため、そういった熱い情熱を持っている人が向いている会社だと言う讃岐氏。向いていない人でも気合いや根性、思いやりがあれば、時間が多少かかってもRINXでは成功に導ける自信があるそうです。

讃岐社長の素顔へさらに迫る!

プロフィール(公開できる略歴など)

讃岐氏は大阪出身で、血液型はO型です。家族構成は妻、長女、長男の4人家族。好きな言葉は「ありがとう」です。2017年に株式会社リンクスの代表取締役副社長に就任。また、株式会社リンクスホールディングスの代表取締役副社長にも就任しています。2018年には株式会社リンクスの代表取締役社長と、株式会社リンクスホールディングスの代表取締役社長に就任しました。

社長の趣味

日々仕事に励む讃岐氏の趣味とは、実は漫画を読むこと。ただ単にページを読み進めていた子ども時代とはちがい、今では作者がどのような意図や想いを込めて作品を作っているかを考えながら読み進めるなど、楽しみ方に大きな変化があるのだそうです。讃岐氏にとって漫画は、子供のころからたくさんの知恵と感動を与えてくれる教科書のような存在だったとか。いまも、昔とはまた違った意味でこの趣味を楽しんでいるようです。

社長の子ども時代

友人関係は狭く深く、一人ひとりとの関わりを大切にしていたという子ども時代の讃岐氏。絵を描くことに夢中になり、時間さえあればどんどん描き進めていたそうで、その実力は小学校のコンクールでたくさんの賞を獲得するほど。一つの物事に集中し結果を出す力は、子ども時代から育まれているようです。

社長の学生時代の夢

子ども時代から絵を描くことが好きだった讃岐氏は、漫画家を夢見ていたそうです。その熱意は凄まじく、大阪から東京の出版社に足を運んで作品を持ち込むほど。一つの夢に向けて、努力を惜しまない姿が現在の讃岐氏の姿と重なります。

社長のプライベートな夢

家族での世界一周をプライベートの夢に掲げる讃岐氏。普段見られない世界の風景や価値観に触れることで知見を広げ、感性を磨きたいと考えているようです。その貴重な体験を家族にも味わってほしいと話しています。

社長、長嶺氏の評判。長嶺社長とは?

リンクスホールディングス(RINX PLUS)の長嶺社長の評判や人柄などについてまとめました。

男らしいエピソード

学生時代に自分自身がどこまで頑張れるか、その限界にチャレンジしたそうです。夏休みにアルバイトを掛け持ちし、寝る間も惜しんで働き、なんと掛け持ちしているアルバイト間の移動時間を睡眠時間に充てていたとのこと。そのストイックな姿勢が、人材育成や男性の脱毛に対する固定概念の払拭、感動を与えられるサービスの提供、品質向上等々、RINX(リンクス)での日々の取り組みに発揮されているようです。

仕事をする上で大切にしていること

お客様だけでなく、スタッフとも真摯に向き合い仕事に取り組んでいる長嶺氏は、人と人の関わりや協力があってこそ彩りのある仕事や人生が生まれると考えているようです。そんな長嶺氏の座右の銘は「誰だって自分の人生という物語の主人公」とのこと。一人ひとりが相手を思いやる温かさを持って仕事に取り組んでほしいという思いが座右の銘からも伺えます。

影響を受けた偉人や有名人

メンズ脱毛の発展に力を入れる長嶺氏の熱い思いは、歴史的な偉人である坂本龍馬や渋沢栄一からの影響が強いようです。自由な発想で幕末の日本を動かし改革を進めた坂本龍馬、また自分の利益は求めず公益のために様々な企業の設立に関わった渋沢栄一、この二人は理想の経営者像ではないかと長嶺氏は考えます。そしてその偉大な二人の経歴をみることで、自分の至らなさを噛みしめ、将来の展望を思い描いてみるそうです。

人材育成について

RINXでは新入社員の教育を大切にしています。入社してくる社員はまず第一に、メンズ脱毛の仕事を経験したことがない方がほとんど。そのため、未経験からでもプロフェッショナルになれるよう、豊富な知識と高い技術が習得できる研修システムの充実に取り組んでいるそうです。研修にかける時間も長く、カリキュラムや体験ワークなどに特に注力して研修を行なっているのだとか。研修が終わっても、それぞれキャリアステージごとに研修・講習・会議などを通じ、常にステップアップできる環境が整っています。

RINXで働くのに向いているのはどんな人か

RINXで仕事をするには知識や技術的なものより、まずはやる気や情熱のほうが大切だと考えている長嶺氏。充実した研修システムで知識や技術はしっかり伝えていくので、それをしっかり受け止められる原動力を持っている方が向いています。「脱毛を経験したことがあるので、今度は脱毛技能士として脱毛を伝える側になりたい」「サービス業として自分のホスピタリティを高めたい」「キャリアアップを図りたい」など、モチベーションはどんなものでも問題ありません。その原動力をRINXで最大限サポートできるよう、全力を尽くしてくれるそうです。脱毛の知識や技術がないからと言って向いていないというわけではありません。長嶺氏は、やる気と熱い情熱を持って飛び込んできてくれたらと考えています。

長嶺社長の素顔へさらに迫る!

プロフィール(公開できる略歴など)

長嶺氏は2017年に株式会社RINX PLUSの代表取締役副社長に就任。また、株式会社リンクスホールディングスの代表取締役副社長にも就任しました。翌年の2018年には、株式会社RINX PLUSの代表取締役社長、株式会社リンクスホールディングスの代表取締役社長に就任しています。

社長の趣味

運動不足を解消したいと話す長嶺氏は、今後スポーツを趣味の一つとすることを考えているそうです。他にも楽器の演奏など、年を重ねても長く続けられる趣味を模索中だとか。社長として充実した日々を過ごすなかで、プライベートでも様々なことにチャレンジしたいと考えているようです。

社長の子ども時代

いろいろな事柄に興味を持ちチャレンジしていたという子ども時代の長嶺氏は、広く浅く物事に取り組むタイプ。子ども時代に様々な物に興味を持ったことで、たくさんの知識を得られ、広い視野で物事を捉える力を培うことができたそうです。スタッフのサポート力や会社を経営する上で必要となる判断力などは、子ども時代の豊富な経験から育まれています。

社長の学生時代の夢

長嶺氏は学生時代に1年間、海外留学をしていました。そして海外で働くことも考えたのですが、ただ海外で働くだけではキャリアアップに限界があるのではないかと思いなおし、日本で経営者になりたいと考えるようになったそうです。当時、飲食業に興味があり、自分のお店を持つのが夢でした。そこで卒業後は経営について学べる企業に就職し、腕を磨きました。夢に向かって突き進み、現在では会社を牽引する存在となっています。

社長のプライベートな夢

プライベートの夢は世界を巡り、様々な人々の価値観や文化に触れること。学生時代の海外留学で現地の人々との交流を通して、それまでの自分の価値観が大きく変わる経験・感動があったのだとか。今度は世界を端から端までまわり、自分の価値観を揺さぶる経験・感動を、現在の自分で体験したいと考えているようです。

リンクスホールディングス(RINX PLUS)の2人の社長、讃岐交雄氏と長嶺拓氏の想いと今後のビジョン

価格を安くするだけでなく、安全性や高い効果を実現させていると評判のRINX(リンクス)。その強さの秘密は、リンクスホールディングス(RINX PLUS)の二人の社長、讃岐交雄氏と長嶺拓氏、それぞれの想いにありました。

社長・讃岐交雄氏からみたRINX(リンクス)とは?

讃岐交雄氏の脱毛体験

男性の脱毛が世間に浸透していない頃、初めての施術に恥ずかしさを感じた讃岐氏は、スタッフの温かな対応に安心したそう。脱毛で悩みが解消され、自身の大きな変化を実感したことで、脱毛は人生に変化を与えるサービスだと思うようになったと話します。

讃岐交雄氏のRINX(リンクス)との出会い

会社の駒となって働くのではなく、一人ひとりが充実した働き方を選択でき、成長できるチャンスを与えてくれるRINX(リンクス)。その想いに心を打たれた讃岐氏は、この会社で働くことができれば自分の人生に大きな変化を起こすことができるのでないかと感じたそうです。

讃岐交雄氏の社員・スタッフに対する気持ちと気を付けていること

讃岐氏の社員に向ける愛情はとても深く、全社員が息子のように大切な存在だと話しています。仕事はその人の人生に深く関わるものであり、RINX(リンクス)が社員一人ひとりにとって豊かな人生になれる場所でありたいと考える讃岐氏。意見交換がしやすい、年齢に関わらずステップアップできるなど働きやすい環境を作りに力を入れることはもちろん、自身と一緒にRINX(リンクス)の一員として歩んでくれる社員へ感謝を伝えていくことを大切にしているそうです。社員のもつ能力や良い部分にしっかり目を向け、成長を促す気づきを与えることで、共に成長できるよう努めています。

お客様に対する気持ち

数多くあるメンズ脱毛サロンの中、「RINXなら信頼できる」とお客様に安心してもらえる設備を提供したいという想いがある讃岐氏。ほかのサロンが真似できない店舗内装や、オリジナル脱毛機の開発など、さまざまな取り組みを行なっています。そして、接客という枠を超えたホスピタリティあふれるRINX社員の育成に力を入れ、大型研修制度も実施。RINXではお客様の人生をより彩ることを常日頃から考えています。

RINX(リンクス)社長 讃岐交雄氏の想い

RINX(リンクス)の社長である讃岐交雄氏は、あるインタビューにて美容・接客業のやりがいについて以下のようにお話しされています。

“見た目が変われば中身も変わる。人は見た目が理想に近づけば近づくほど自信が生まれます。美容とは、見た目を最大限磨き上げることでその人が自分の価値を高めることができ、また周りの人たちにとって魅力的に感じてもらうことができます。<途中省略>人としての魅力をどこまでも高められることは大きなやりがいです。【インタビューより】”

讃岐交雄氏は対面でサービスをすることが、最も人の心を動かす仕事だといいます。飲食店やホテルなどは、その時のスタッフの対応により心の温かさを感じられるとのこと。RINX(リンクス)はお客様と接する時間が長いので、心に寄り添える企業でありたいと考えています。これからも感動を届けることを第一に実行していき、サービス業界でもトップを走る企業として、ブランドをつくり上げていくという強い想いを持っている方です。

社長・長嶺拓氏からみたRINX(リンクス)とは?

長嶺拓氏の脱毛体験

自身も体毛のコンプレックスがあったという長嶺氏は、10代で脱毛を経験。悩みで後ろ向きだった気持ちが、ムダ毛が無くなったことで前向きに。長嶺氏にとって、脱毛は見た目だけでなく人生にも変化を与えてくれるものだったそうです。

長嶺拓氏のRINX(リンクス)との出会い

自身の脱毛経験から、男性が気軽に通える脱毛サロンの必要性を感じていた長嶺氏。男性専門の脱毛サービスを提供するRINX(リンクス)に出会い、脱毛に対する世間の印象を変えたいと思ったそうです。毛の悩みは女性だけでなく男性も持っているもの。これから発展していくだろうメンズ脱毛業界の成長に携わりたいと考え入社しました。

長嶺拓氏の社員・スタッフに対する気持ちと気を付けていること

仕事だけでなく人生も充実してほしいと考えているそうです。社員一人ひとりに寄り添った働きやすい環境作りを意識しているとのこと。共にRINX(リンクス)の成長に尽力する仲間として、どんな些細なことでも気にかけ、変化や悩みに気づけるように努めているそうです。仕事だけでなくプライベートも含め、真摯に相手に向き合う姿勢を大切にすることは、RINX(リンクス)で働く社員の意欲を高め、豊かな人生に繋がっています。年齢や社歴に関係なく、やる気に溢れた社員がどんどんチャンスを掴まえて成長できるサポート体制を整えることで、未来のある会社作りを行っています。

お客様に対する気持ち

長嶺氏がお客様のために入社当初からこれまでに思うことは、お客様が感じている脱毛に対する恥ずかしさや男らしくないといったネガティブなイメージを払拭したいというものです。長嶺氏自身も含め、RINXのスタッフは脱毛経験者がとても多く、世の中の男性が抱いているメンズ脱毛に対するイメージを変えていきたいという強い思いを持つ長嶺氏。メンズ脱毛に対するイメージがまだまだ払拭できていない状況でも、RINXを信頼して訪れてくるお客様一人ひとりに感謝しているそうです。

RINX(リンクス)社長 長嶺拓氏の想い

またもう一人のRINX(リンクス)の社長である長嶺拓氏は、美容・接客業のやりがいについて、あるインタビューにて以下のようにお話しされています。

“通常の痩身やハンドエステなどに比べて、脱毛は非常に脱毛前後の変化が分かりやすい分野です。そのため、脱毛が進んでいくごとにお客様の喜びが手に取るように分かってきます。長年抱えていた毛のお悩みやコンプレックスから解放されるため、こちらが逆に恐縮してしまうほどの喜びのお声を頂けることもあります。<途中省略>そこにこそ一番のやりがいがあると思います。【インタビューからの引用】”

長嶺拓氏は、RINX(リンクス)がメンズ脱毛の主導的な立場でいなければならないという使命感を持っています。お客様が男性であり従業員も男性、そして男性に特化した脱毛機や企業がすくないことから、RINX(リンクス)がメンズ脱毛を引っ張っていかなくてはと感じているそうです。RINX(リンクス)でしか受けられない脱毛を実現するのが、長嶺拓社長が描くビジョンとなっています。

このツートップ経営者のお二人のビジョンは、リンクスホールディングスの発展だけでなく、男性美容業界全体の発展まで視野に入れていることは言うまでもありません。リンクスホールディングスの今後の展開から目が離せません。

メンズ脱毛専門店 RINX(リンクス)の運営会社情報

運営母体 株式会社リンクス
株式会社RINX PLUS
株式会社リンクスホールディングス
代表取締役 讃岐 交雄
長嶺 拓
藤木 潤一
渡邊 丈洋
顧問・監修 松岡孝明
鈴木伸佳
山田俊輔
楯本智久
所在地 〒530-0005
大阪府大阪市北区中之島3-3-3 中之島三井ビルディング2101

リンクスホールディングス(RINX PLUS)のスタッフ

リンクスホールディングスでは、全店舗のスタッフを正社員として雇用しています。スタッフは脱毛についての深い知識を持つ脱毛技能士として、お客様に脱毛サービスを提供。やる気や仕事の成果を適切に評価し、昇級や給与など目に見える形で還元するなど、社員一人ひとりが意欲を持って仕事に取り組める環境づくりに取り組んでいます。医療レベルの研修や接遇研修など、充実した研修のもと、一人ひとりが高い技術を身につけたうえでサービス提供を行っています。

リンクスホールディングス(RINX PLUS)の顧問

顧問医師 松岡孝明

日本レーザー医学会一種認定医の資格を持つ松岡医師。安全性や技術面の管理などRINXで行われる脱毛施術の監修を行っています。

顧問弁護士 鈴木伸佳

独占禁止法やフランチャイズ問題などの分野を得意とする鈴木弁護士。企業の契約書の確認やアドバイスなどを行っています。

顧問税理士 山田俊輔

公認会計士、税理士。銀行同行税理士として活動するなど、企業の税務面でのサポートを積極的に行っています。

顧問司法書士 楯本智久

大阪司法書士会に所属。司法書士、社会保険労務士の資格を持ち、セミナーを行うなど幅広く活動しています。

リンクスホールディングス(RINX PLUS)の脱毛サロン利用者の評判口コミ

10代~20代で「顔・ヒゲ脱毛」したの方の評判口コミ

痛すぎて他社で断念した脱毛を、RINX(リンクス)で実現

以前ニードル式の脱毛をしていましたが、あまりの痛みで断念。しかし、濃いヒゲにずっと悩んでいたのでRINXで再チャレンジしました。試しに施術を受けてみると、痛みが少なくてびっくり。不安が一つ解消されたことで気軽に通うことができました。コンプレックスがなくなると、苦手だった人前にも自信を持って立てるようになり、良いことだらけです。

毎日負担になっていた朝のヒゲ剃りが楽になりました

ヒゲと体の脱毛をしました。脱毛は女性が行うイメージがあり、男性の毛に効果があるのか不安でした。いざ施術を受けると、回数を重ねるごとに体毛が減っているのを実感できてびっくり。気になっていた痛みもあまりなく、安心して受けられました。もっと早くRINXで脱毛をしていれば良かったと思うくらいです。毎日負担になっていた朝のヒゲ剃りが楽になって満足しています。

ヒゲ脱毛で肌がきれいになりました

脱毛は少し痛みを感じますが、毛がどんどん減っていて効果をしっかり感じています。カミソリ負けや肌荒れが悩みでしたが、自己処理が減ったことで肌がきれいになりました。RINXは通いやすい場所にサロンがあり、サロンの雰囲気やスタッフの丁寧な対応が好印象。仕事やプライベートの話で盛り上がって、楽しく施術が受けられます。

10代~20代で「体の脱毛」をした方の評判口コミ

悩んでいたけど脱毛したら人生が変わった

ひざ周辺の毛が多くて、夏に半ズボンがはけず、悩んでいました。特に異性から毛深いと思われるのが嫌でした。RINXを選んだのは、少し日焼けした肌でも脱毛してもらえることや、スタッフが男性のみで安心して悩みを話せたからです。スタッフの人も優しくて、楽しく脱毛できました。

もっと早く始めればよかったと後悔

昔から体毛が濃いのが悩みでした。友人がRINXを勧めてくれたのでボディ脱毛に挑戦。思ったよりも痛みが少なくて驚きました。来店の頻度にも無理がなく、自分のペースで脱毛できます。

この先悩むよりも今ここで脱毛すべき

大学に入ると身だしなみを気にするようになりました。そして毛深いと清潔感に欠けると思い、脱毛することに。ネットで調べた結果、男性専用という点と、相談が無料という点でRINXを選びました。最初のころは効果が出るのか少し不安だったのですが、実際に毛が薄くなりだし、今では肌を露出するのに抵抗がなくなりました。学生は割安なのでお得だと思います。

世界が変わって自信が持てるようになった

脱毛に少し興味があり、はじめは話を聞くだけのつもりでRINXに来たのですが、店の雰囲気とスタッフさんの感じが良かったため、そのまま脱毛をお願いしてしまいました。最初はあまり効き目がないように思えたのですが、徐々に毛が薄くなってきました。今では自分の毛深さが全く気にならない程度に。自分に自信が持てるようになるので、悩んでいる人にお勧めします。

10代~20代で「陰部脱毛」をした方の評判口コミ

夏場、蒸れなくなってスッキリ

夏場に蒸れて不快だったので、陰部の脱毛を決意。ほかのサロンと比較したところ、一番安かったのでRINXに決めました。

陰部は痛みが強い場所だと聞いていたので、最初は続けられるかとても不安でしたが、思っていたよりも痛くなかったです。脱毛後は、毎年不快だった夏場の蒸れが解消されてスッキリしました。

面倒な陰毛の自己処理が不要になった

中学生の頃からずっと、陰毛の濃いことがコンプレックスでした。カミソリで処理をしていたのですが、面倒だと思っていたので、脱毛することにしました。通うたびにどんどん陰毛が薄くなっていくのが嬉しく、やって良かったと思いました。RINXは価格も安いし、アクセスも良く通いやすいので助かります。

30代~40代で「顔・ヒゲ脱毛」したの方の評判口コミ

低下価格で公式サイトの雰囲気も良かったのでRINXにきめた

RINXの脱毛で、気になっていたヒゲがすっきりしました。公式サイトの雰囲気が通いやすそうだったこと、低価格だったことが選んだポイント。自己処理の手間がかからなくなり、RINXの施術をうけて良かったです。

スタッフからのコメント:気にされていた痛みがなく、体毛の悩みも解決できたとお聞きし、とても嬉しいです。これからも全力でサポートさせていただきます。

自己処理での肌トラブルが気になり、RINXで脱毛

カミソリ負けなど自己処理後の肌トラブルが気になりRINXで脱毛しました。施術の回数を重ねるごとに毛が柔らかくなり、伸びるスピートが遅くなっています。理想の自分に着実に近づいているのを実感しています。

スタッフからのコメント:毛質や毛量の大きな変化がありましたね。これからも、お客様の理想により近づけるお手伝いができるよう尽力していきます。

男性スタッフが対応してくれるのでリラックスできる

施術を受けて数回でヒゲが薄くなり、脱毛効果の高さに驚きました。女性スタッフが施術をする他サロンと異なり、RINXでは男性スタッフが対応してくれるので、リラックスして施術が受けられます。

スタッフからのコメント:男性が気軽に通えるよう、RINXでは男性スタッフが施術を行っています。これからも同性目線のサポートで、悩み解消のお手伝いをしていきます。

サロンへのアクセスが良く、仕事後や空いた時間に施術を受けられた

青ヒゲが嫌でRINXに通うことを決めました。アクセスが良く、仕事後や空いた時間に施術を受けられます。サロンの雰囲気も良いので楽しく通えますよ。男性専用なので、異性の目が気になりません。

スタッフからのコメント:アクセスの良さを活かし、毛が生える周期に合わせた短期間での脱毛プランを提供しています。一人ひとりに適切な施術を行うことで、高い脱毛効果を発揮しています。

30代~40代で「体の脱毛」をした方の評判口コミ

やってみたら効果にオドロキ

水泳を始めてから周りの目が気になるようになり、脱毛を考えはじめました。RINXの店舗では、実際に脱毛した店長の足を見せていただきました。店長の足は左右で脱毛の効果が見比べられるように、片足だけ脱毛してありました。その左右の違いをみてRINXで脱毛することに決めました。やってみるまでは躊躇していましたが、やってみたら本当に効果があってびっくり。脱毛に悩んでいる人は、ぜひ一度RINXに相談してみてください。

どんどん毛の量が減っていくのが楽しい

夏に薄着になる際、濃い腕毛やすね毛が気になっていました。RINXを選んだのは男性向けの脱毛専門店であることと、スタッフの方もすべて男性だったからです。実際に脱毛を始めてみると、みるみるうちに毛量が減っていき、薄着をしていても、堂々と外を歩けるようになりました。毛についてのコンプレックスがなくなり、自信が持てるようになりました。

自信のない自分が理想に近づいた

今まで毛深い自分にコンプレックスがあり、脱毛すれば女性にモテるのではないかと考えたこともあります。そんな人に話しにくい体毛についての悩みを、RINXでは丁寧に聞いてくれ、ここで脱毛したいと思うようになりました。施術したところ少しずつ自信がもてるようになり、何事にも積極的に取り組めるようになりました。近々、結婚する予定です。

30代~40代で「陰部脱毛」をした方の評判口コミ

ほとんど痛みを感じませんでした

男性のVIOを処理できる脱毛専門のサロンを探していました。RINXに決めたのは、ホームページの印象が良かったから。スタッフさんが丁寧に対応してくれる良いサロンです。それに、ほとんど痛みを感じませんでした。現在、2回目まで終えたところですが、明らかに毛の生えるスピードが遅くなってきています。

脱毛後のケアがとても丁寧

もともとスタッフに知り合いがおり、紹介でヒゲとVIOの脱毛を受けました。立地が良かったのも通いはじめた理由の一つです。脱毛処理後は肌にダメージが残らないよう、アイシングなどの丁寧なアフターケアをしてくれます。趣味で水泳をやっているのですが、毎日の手入れがずいぶん楽になりました。

50代~60代で「顔・ヒゲ脱毛」したの方の評判口コミ

子どもとの時間を楽しむために脱毛

自己処理の時間がもったいないと思い、RINXで脱毛。施術を重ねるごとに、確実にヒゲが薄くなっていて嬉しいです。クーポン割引で、通常より更に費用を抑えて受けられました。

スタッフからのコメント:脱毛したことで、ヒゲ剃りに費やしていた時間をお子さんと接する時間にあてられたとのこと。また、チクチクとした感触を気にせずスキンシップが存分に行えるようになったとお聞きし、とても嬉しく思います。

顔の印象が明るくなって、髭剃りも楽に

RINXの脱毛で、ヒゲ剃りが楽になりました!時間が経つと目立っていた無精ヒゲの悩みが解消。ヒゲが減ったことで、顔の印象が明るくなった気がします。

スタッフからのコメント:施術を受けることで面倒なヒゲ剃りの時間が減ったと喜んでいただきました。自己処理での肌トラブルも減り、きれいなお肌になられましたね。悩みを解決するサポートができて、本当によかったです!

友人のススメでRINXを知ったが、自分も他の人にオススメしたい

RINXで脱毛をしている友人の話に興味を持ち、脱毛を始めました。施術は気になっていた痛みがなく、効果も抜群。脱毛を考えている人は、RINXで一度試してみるといいですよ。

スタッフからのコメント:体毛の悩みを持つ方にRINXの脱毛施術をすすめたいとのお気持ちが、とても光栄です。今後も男性の悩みを解決する場として、真摯なサポートに取り組んでいきます。

50代~60代で「体の脱毛」をした方の評判口コミ

1本ずつでなく、広範囲を一度に脱毛できるところ

地元に男性専門の脱毛をしてくれるサロンがなく、RINXを知ったとき「やっと出会えた!」と思いました。ヒゲと全身の脱毛をしているのですが、1本1本ではなく、広範囲を一度に脱毛できるのはいいですね。価格も安めですし、かなりおすすめです。

妻に勧められて、ヒゲや胸の脱毛をスタート

ヒゲに加えて胸毛まで濃く、長年悩んでいたところ、妻に脱毛を勧められヒゲと胸の脱毛を受けました。いつも丁寧で対応が良く、毎回気持ちよく通っています。胸毛の生える速さは明らかに遅くなってきて、あごの毛も薄くなってきました。

悩んでいた肩や背中の毛がスッキリ

普通なら生えていないような肩や背中にまで毛が生えていて、ずっとコンプレックスでした。RINXで相談すると、スタッフが笑顔で「大丈夫ですよ」と言ってくださったのでお任せすることに。痛みがなく、スタッフとの会話も楽しいので毎回リラックスしながら脱毛できています。ムダ毛も徐々に薄くなってきて、嬉しい限りです。

ファスティング体験日記~自宅で3日コースに挑戦!~私の体験レポはこちら

ファスティングのお供に酵素ドリンクBEST3

ハーモニーライフ酵素 極み

ハーモニーライフ酵素 極み

価格

180ml入りお試しサイズ:
通常価格2,700円
2,160

添加物なし

公式ページ

ベジデーツ

ベジデーツ

価格

500ml1本+炭酸水2本:
通常価格5,378円
4,572

添加物なし

公式ページ

野草専科

野草専科

価格

720ml×1本:
通常価格9,450円
4,572

添加物なし

公式ページ

サイトマップ