短期間ですっきりボディ!ファスティングばっちりガイド

やり方次第でカラダが変わる!ファスティングのすべてを教えます

ファスティング
体験日記

おすすめアイテム
酵素ドリンク比較

都築会長はRINX(リンクス)の経営ノウハウを活かし、コンサルティングの世界へ

RINX(リンクス)の創業者である都築氏は、会社の経営を後任に引き継ぎ、新たな事業へと展開しています。これまで一代で築き上げてきた企業経営のノウハウを、コンサルティング事業として惜しみなく次世代の経営者たちに伝授しているという。

メンズ脱毛のリーディングカンパニーとも言われる企業の創業を一人で成し遂げただけあって、積み重ねてきた経験値や苦労は人一倍。赤字経営の時期もあり、ポスティングや営業周りといった地道な努力を積み重ね、業績を伸ばしてきたという経歴の持ち主です。

そのような経験を活かし、他の企業をサポートしたいという社会貢献の想いから、2017年に経営コンサルティングを行なう「株式会社ブランディングエージェント」を設立し、会長に就任しました。

都築寛史氏のプロフィール

2008年:メンズ脱毛専門店RINX(リンクス)を創業
2011年:株式会社リンクスを設立
2012年:株式会社RINX PLUSを設立
2013年:株式会社リンクスホールディングスを設立
2017年:株式会社ブランディングエージェントを設立

21歳と言う若さでメンズ脱毛のRINXを起業し、RINX PLUS、RINX ホールディングス、ブランディングエージェントと数々の会社を設立。

その経営手腕は業界でも一目置かれるほどです。現在はRINXを後任者へ引き継ぎ、自身は会社設立で得た経験とノウハウを活かして、これからの未来を担う企業のコンサルティングをしています。都築氏は初めて会社を立ち上げた時から「お客様の喜びを追求する」という思いを、根幹に据えており、その気持ちは一流の経営者になった今でも、変わらずに在り続けています。

ブランディングエージェントを起業されたきっかけ

都築氏は、知り合いの経営者からマーケティングやマネジメントの相談をよく受けていたと語ります。都築氏のアドバイスを実践した経営者からは、「業績が良くなった」「経営問題が解消された」という喜びの声を聞いて、コンサルにやりがいを見出したのだそう。そんな中、「メインでコンサルをやってほしい」と言う声が増えてきたこともあり、多くの会社の経営をより良くする手伝いをしたいという思いから、本格的にコンサルティング事業の立ち上げを決断されたと都築氏は語ってくれました。立ち上げ後は、WEBを使った集客コンサルティング、人財育成から組織構築まで人が関わるマネジメントコンサルティングなど、多くのコンサルティングに関わっています。

株式会社ブランディングエージェントとは

都築会長がコンサルを行なっている企業は、レストランのような飲食業の会社からインテリアデザインの会社まで幅広く、業績を順調に伸ばしています。以下ではブランディングエージェント社の提供している業務内容をまとめています。

マーケティングコンサルティング

Webページを利用した集客コンサルティングが主。Web上での集客を行ない、ビジネスチャンスを増やしていきます。

マネジメントコンサルティング

人を財産とする「人財(人材)」の育成から組織構築までのアドバイスを行なっています。前職の経験から男性マネジメントは得意としているところで、実際のクライアントからも高評価を受けているコンサルティングです。

仕組み構築コンサルティング

どのようなサービスや商品を生み出せば良いのか。その仕組みから社員にその商材の良さを伝えるにはどうしたらいいのか。人材に対する教育・研修の「仕組み」、店舗展開の「仕組み」についてのコンサルティングを行なっています。

ブランディングコンサルティング

都築氏の考えるブランディングとは「良いサービスや企業の愛をお客様の心に届けること」です。主にWebやアプリケーションを使った、商品の魅力を伝える方法などをアドバイスしています。

企画プロジェクトコンサルティング

お客様や社員に向けて様々なイベントを企画していく際に、クライアントの要望にあわせて「プロジェクトの企画から実施」までのトータルサポートをしています。

都築寛史会長がブランディングエージェント(コンサルティング業)を通して企業へ伝えたい情熱

次なるステージに進んだ都築氏の目指しているもの、それはビジネスやお金儲けではなく「社会貢献」です。

いくら素晴らしい商品やサービスを扱っていても、マーケティングやブランディングがうまくいかずに「認知されない」「売れない」という悪循環に陥ってしまっている企業や経営者を救いたい。また、企業を構成する重要な要素のひとつである「人」に対するマネジメントがうまくいかず、事業展開ができずにいる経営者へアドバイスやサポートをすることで、より多くの人が喜ぶような社会の仕組みを生み出したい。それが都築氏の情熱。

メンズ脱毛という新しい価値を世に生み出した男は、次のステージへ。

都築氏は「男性の悩みを解決する」というその信念で、新しい「メンズ脱毛」という男性脱毛サービスの仕組みを生み出しました。

男性脱毛産業の立役者とも言っても過言ではありません。しかし、その地位に甘んじることなく、経営コンサルティングという次なるステージへと進んだ都築氏。今後はそのノウハウを活かし、多くの企業を喜ばせていくことでしょう。そして都築氏の生み出した男性脱毛サービスは、男性の美意識の高まりとともに今後ますます発展し続けることでしょう。

ブランディングエージェントがコンサルティングを手掛けられたRINX以外の企業について

コンサルティングを行なった会社の業績は絶好調だと話す都築氏。詳しい会社名は明かせませんが、飲食業と空間デザイン業のコンサルティングに携わった際の話をしてくれました。

飲食業のコンサルでは、WEBサイトの見やすさや利用しやすさを高めるための企画コンサルに携わったのだそう。また、スタッフ育成の仕組み構築・マネジメント研修などのコンサルティングを行なっていると話してくれました。

空間デザイン業では、経営者へマンツーコンサルを実施。サービス内容の考案、運営フロー、人財マネジメント、マーケティング戦略など会社経営の根幹に関わるコンサルティングを行なったと話してくれました。

ブランディングエージェントのコンサルティングは、人事、業務、IT、戦略などはさまざまなものがあります。集客方法やサービス内容などのコンサルティングはもちろん、人財(人材)育成に関しても同じくらい力を入れている様に思えます。

業界からも一目置かれる存在である都築氏が立ち上げたブランディングエージェントが、今後どのように発展していくのか目が離せません。

CSRへのこだわり

都築氏が経営コンサルティングで目指すものは、顧客企業のビジネスの成功はもちろんですが、とくに社会貢献をしたいという熱い想いを持っています。企業としての社会的責任(CSR)へのこだわりは誰よりも強いです。魅力的な商品でも、まずはお客様に知ってもらわないと意味がありません。認知されない理由には、マーケティングやブランディングのやり方が関係してきます。それがしっかりできていないと、「認知されない」「売れない」といった悪循環に陥ってしまうのです。

都築氏はそういった企業を救いたいと考えており、マーケティング・ブランディングが上手くできていない経営者へアドバイスやサポートしていき、たくさんの人々が喜んでもらえる社会を作りたいと本気で思っています。これまでに都築氏がコンサルティングした企業は、軒並み成長しているのだとか。

社会のニーズから価値や市場を生み出し、企業と市場がWin-Winの関係であるCSRの体現を目指す都築氏。この思いを実現させるために、リクルートや任天堂などさまざまな企業のCSRについて、自身の視点で考察するブログも執筆しています。企業にはそれぞれの理念があり、それに基づいたCSRを考えるのはとても素晴らしいこと。都築氏が執筆しているCSRブログでは、活躍している企業の社会貢献活動や気になる取り組みをピックアップしています。自分がCSRにこだわっているからこそ、ほかの企業のCSRについても勉強するというきっかけで、このブログを始めたそうです。

このブログを通して、「社会の為」や「日本の為」といった情報を発信し、その情報が社会貢献の1歩となってくれることを願っています。都築氏が発信しているCSRブログ気になる方は、一度チェックしてみると良いでしょう。

RINX経営の一線を退いた都築氏は、自身が設立した会社で経営コンサルティングに邁進していくそうです。「世の中に必要とされるサービスをブランディングする」をコンセプトに掲げ、日本への社会貢献を目指します。今後のブランディングエージェントの活躍に目が離せません。

都築氏が考える生き残る企業の秘訣とは

生き残る企業の秘訣は、「正直分からない」と答えた都築氏。10年間がむしゃらにやってきた都築氏は、これだけは誰にも負けないと自信を持っている部分があります。それは「お客様を喜ばせること」と、「仲間(社員)を喜ばせること」の2つ。この2軸を10年間ひたすら考え尽くしてきたそうです。都築氏は経営者として、お客様を喜ばせることは当たり前だと考えているそうで、仲間を喜ばせることもまた、当たり前のことだと思っています。

お客様と社員を喜ばせるのは当たり前のようですが、それをここまでハッキリと言い切れるのが、都築氏の魅力でしょう。1つ目の軸である「お客様を喜ばせる」ことを実現させるために行なっているのが、会社の経常利益の3~4割はお客様満足促進のためにあてるというものです。例えば店舗のリニューアルや設備投資、優良製品の独自開発などを年単位で実施。毎年設備投資に3~4割のお金はそう簡単に使えませんし、相当難しいです。

毎年設備投資に3~4割をあてるには、お金だけに焦点を絞った経営だと実現できません。人・物・お金の3大要素をバランス良く保ち、かつ広い視野で見ることが必要不可欠なのです。

2つ目の軸である「仲間を喜ばせる」ことを実現させるために都築氏が意識しているのは、一人ひとりの1度きりの人生がどうすれば豊かになるかを徹底的に考え抜くことだそう。現在約150名の社員がおり、全てのメンバーが平等に豊かになれるような制度やボーナス体制を作っています。例えば、福利厚生のひとつである「賞与無限制度」は、業績に応じて上限なくボーナスがあがる制度です。また、皆が幸せになるような良いアイディアが浮かべば、惜しみなく投資して実現に向けて動きます。そして、お客様満足促進と同様に、社員満足度促進にも経常利益の3~4割を年間使用しているそうです。

全ての社員を平等にする姿勢は、さすがの一言に尽きます。今の時代、都築氏が行なっている経営方針が、企業生存の秘訣なのかもしれません。

メンズ脱毛専門店RINX(リンクス)とは

「メンズ脱毛をもっと身近に」というコンセプトを掲げた男性向け脱毛サロンRINX(リンクス)。今では国内屈指の大人気メンズ脱毛サロンとして高い評価を得、確固たる地位を築いています。

「脱毛は女性がするもの」だというイメージはありませんか?しかし、実際は女性よりも男性の方が、ヒゲや胸毛、すね毛、といったムダ毛に悩まされているという現実があります。

RINX(リンクス)は男性会員数12万人を超え、全国に40店舗以上もあり、新店舗も続々オープンしています。施術は男性が担当していることから、ムダ毛の悩みを女性に話すのは抵抗があるという男性にも安心です。脱毛料金もリーズナブルで、日本にメンズ脱毛という疾風を巻き起こしたパイオニア企業です。

「安心」と「信頼」というサービスの追求

男性脱毛サロンを設立した当初は、価格の安さとアットホームさという特徴を売りにサービスを提供していたそうです。しかし会員数が増えていくにつれ、脱毛のサービスは「安全性」と「信頼」がもっとも求められていると考えるようになりました。そして医師の監修の元、男性専用脱毛マシンを導入。リーズナブルな料金設定や入りやすい雰囲気はそのまま、脱毛効果も高く、肌トラブルも少ないというのが「RINX」のさらなる魅力となりました。現在では全国各地に店舗があり、今なお多くの新店舗が増え続けおり、多くの人に支持されています。

男性の美意識の高まりが追い風に

近年では男性芸能人をはじめとして、男性が脱毛をするのがかなり一般的になっています。その理由は、男女問わず美意識が高まってきたのはもちろん、魅力のある男性の条件のひとつに「清潔感」があげられるようになったこと。ジェンダーレス男子など、性別を感じさせないオシャレな男性が人気であったり、女性も男性に対して「体毛が濃い」といった男らしさよりも、ムダ毛をしっかりと手入れしているといった清潔感のある男性が支持されるようになったという背景も、RINXの追い風となっているようです。

ファスティング体験日記~自宅で3日コースに挑戦!~私の体験レポはこちら

ファスティングのお供に酵素ドリンクBEST3

ハーモニーライフ酵素 極み

ハーモニーライフ酵素 極み

価格

180ml入りお試しサイズ:
通常価格2,700円
2,160

添加物なし

公式ページ

ベジデーツ

ベジデーツ

価格

500ml1本+炭酸水2本:
通常価格5,378円
4,572

添加物なし

公式ページ

野草専科

野草専科

価格

720ml×1本:
通常価格9,450円
4,572

添加物なし

公式ページ

サイトマップ