初心者のためのファスティングnavi > あなたはどの方法?ファスティングコース > ファスティング方法~半日コース編~ > ファスティングの注意点~半日コース編~
Contents

ファスティングの注意点~半日コース編~

ここでは半日断食のやり方や注意点などをまとめました。朝食抜きの半日ファスティングは、比較的簡単にできますが、高い効果を得るためにも挑戦する前には必ず注意点を確認しておきましょう。

ファスティング前の昼と夜は腹八分目に

半日断食でありがちなのは、昼食や夜食の食べ過ぎです。朝食を抜いたからといって油断して、そのあとの食事でお腹いっぱいになるほど食べるとリバウンドしてしまい、せっかく断食した意味がありません。
18時間なにも食べていない、空っぽ状態の胃に食べ物を入れるわけですから、昼食はなるべく消化に良いおかゆなどを選び、腹八分目にとどめておきましょう。
夕食も控えめがベスト。消化に悪い揚げ物や肉類などの脂っこいおかずは、胃腸に負担をかけやすいので避けましょう。どうしても食べ過ぎてしまうという人は、食事の前にりんごやみかんなどのフルーツを食べると満腹感が得られます。

ファスティング中の間食は厳禁

胃腸を休ませて身体をリセットすることが目標なので、間食や夜食は厳禁。お菓子などの甘いものは、少量でも胃に負担をかけます。
しかも、夕食後になにかを食べてしまうと、1日に3食したことになってしまい、半日断食した意味がゼロになってしまいます。自信がない方は、まず間食などの習慣を減らしてから断食にトライしましょう。

ファスティング中の水分摂取はこまめにたくさん!

食事を抜く分、水分はしっかり摂りましょう。最低でも500ml、できれば1.5~2リットルの水分が必要です。水分を充分に補給することで、腸に働きかけます。水分を摂るときは、お水や酵素ドリンク、青汁や野菜ジュースなどがおすすめ。カフェインがふくまれる飲み物は避けるようにしましょう。
ただし、お腹に食べ物があるときに水を飲みすぎると、むくみの原因になるので、食事中と食後3時間は水分を摂らない方がよいです。

ファスティング(半日断食)の当日に避けたい食事

肉にふくまれる脂肪は、腸内を腐敗させ、宿便を悪化させますのでご注意を。さらに肉には食物繊維が入っていないので便秘の原因ともなります。

できるだけ当日は魚や野菜などの食事にしましょう。また、香辛料などの刺激物や油も、断食後の胃腸に負担をかけるので避けましょう。

週末ファスティング 週末ファスティング