初心者のためのファスティングnavi > ファスティングとは~断食のすすめ~ > これはNG!意外と知られていないうっかり行動
Contents

これはNG!意外と知られていないうっかり行動

手軽に始められてさまざまな効果が得られるファスティング。せっかく始めるのですからより高い効果をキープして続けていきたいですよね。

何も知らないままファスティングをしてみたものの、思うように効果が感じられず「あれ…?」と思う人もいるかもしれません。そんなときはファスティングの「NG行動」をしていないかチェックしてみる必要があります。意外と知られていない、ファスティング時に避けたいことをまとめてみました。

ファスティング中の飲み物に注意!

ファスティング×コーヒー

特に酵素ドリンクで効果的なファスティングを狙っている人に気をつけてほしいのがコーヒーです。コーヒーに含まれるカフェインには、酵素のはたらきを減少させてしまう特徴があります。せっかく摂った栄養素を破壊してしまう可能性もあるので、注意しましょう。

日常的に愛飲しているという人も、ファスティングの効果をキープするためには控えたほうが賢明です。

ファスティング×甘いジュース

特にダイエット効果がほしいという人が気をつけたいジュース。ダイエットのためにファスティングをしているのに、甘いジュースで糖分をプラスしてしまってはもったいないというもの。糖分が多く含まれる飲み物は控えることをおすすめします。

ファスティング×牛乳

意外に知られていないのが牛乳との相性。実は牛乳には、豊富な栄養成分が含まれる一方でカロリーが高いという特徴があります。減量したいという人は牛乳でカロリーを高めないようにしたいですね。

血行を促すファスティングと、身体を冷やす可能性のある牛乳との組み合わせもあまり好ましくないといえるでしょう。

こんな行為もファスティングの失敗の原因になる

ファスティングの効果を半減させてしまうのは、以下のような行動も原因となっています。きちんと効果を発揮させるためにも、NG行為をしっかり把握して正しいファスティングのやり方を実践していきましょう。

タバコを吸う

酵素を摂って健康促進やダイエットを目指すファスティング。せっかく摂った酵素もタバコを吸うと、タバコに含まれている有害物質によって破壊されてしまうのです。

また、タバコは血行を悪くすることでも知られています。代謝を低下させてしまう可能性がありますし、健康のためにもタバコは控えたほうが無難といえるでしょう。

間食をしてしまう

ファスティングをしても、間食をすると意味がありません。間食で食べることの多いお菓子や果物などには、糖分がたくさん含まれています。そのため、せっかく断食をしても間食によって多量の糖分を摂取してしまい、ダイエット効果がきちんと得られなくなるのです。

ポテトチップスや板チョコなどはかなりカロリーが高く、ポテトチップスに至っては食事一回分に近いカロリーがあると言われています。ファスティングをしてもこのような間食を続けていると、逆に肥満になってしまう可能性が高いので期間中は極力避けるようにしましょう。

準備期間を設けないでファスティングを行う

ファスティングをする前は、身体を慣らすために準備期間を設ける必要があります。準備期間を設けずにいきなり断食してしまうと、身体がびっくりして思うような効果を得ることができません

ファスティングを開始する1~2日前から食事の量を制限し、和食を中心に低カロリーな野菜や果物、発酵食品などを食べるようにするといいでしょう。このような準備期間をきちんと設けることで、ファスティングの効果をしっかり発揮させることができます。

ファスティング後に、回復食期間を設けない

回復食期間とは、ファスティングが終了してから1日後のことを指します。この期間をどのように過ごすかで、ファスティングの結果が左右されます。

ファスティングが終了した後は、余分な毒素が排出され臓器が綺麗な状態になっているので、カロリーの高いものを食べるとすぐに吸収されてしまいます。そのため、回復食期間をしっかりと設けないと、ファスティングの意味がなくなってしまいます。

また、ファスティングが終了してから2~3日後のことを準回復食期間といい、この期間までは高カロリーな食事は避けた方がいいです。回復食期間、準回復食期間の間は、低カロリーで消化の良い食事をするように心がけましょう。最初の準備期間と同じで、徐々に普通の食事に戻していくことが大切です。

ファスティングで気をつけたいポイント

ファスティングを続ける上で気をつけておきたいポイントをまとめてみました。

1.水分を十分にとる

ファスティングの基本的なメリットのひとつに、体内の毒素を排出しやすくするというはたらきが期待できます。嬉しいポイントなのですが、老廃物が排出される際、一緒に水分も排出されてしまうという側面があります。

水分が排出されやすい状態になるので、脱水症状にならないように積極的に水分をとることをおすすめします。

同じ理由で、大量に汗をかく岩盤浴やホットヨガなども控えておくことがよいでしょう。

2.生理前を避けてミネラルもとるようにする

水分が不足しやすいファスティングでは、充分に水分補給ができていない場合、立ちくらみの症状が起こる可能性があります。

普段の食事を減らす、あるいはストップしているためにミネラルが不足している人もいるかもしれません。貧血につながることもあるので注意しておきたいところです。

充分な水分補給を心がけるとともに、貧血になりやすい生理前は避けて行うことで、貧血などのリスクを回避することができます。少量の塩を溶かした水を飲むことで、貧血症状を緩和させることもできるようです。

3.簡単な運動を取り入れる

適度な運動は代謝を上げて脂肪の燃焼を促す上で効果的です。激しい運動は脱水症状や貧血につながる可能性があるので、自分ができる無理のない範囲で軽い運動を行うというのがポイントです。

特にダイエットの効果を期待したいという人は、酵素ドリンクを飲んでファスティングを行ってみてください。とりたい栄養素が含まれていて、代謝アップのサポートもしてくれるので一石二鳥。楽しく続けていきたい人におすすめです。

4.ドリンク選びには要注意!

ファスティングの飲み物には、いろいろあります。

例えば、酵素ドリンクと言っても、その種類には様々なものがあります。そのため、酵素ドリンク選びを間違えるときちんとしたダイエット効果を得ることができなくなるのです。

酵素ドリンクを選ぶときのポイントとしては、余計な添加物が含まれていない無添加のものを選ぶことや、身体に悪い白砂糖が含まれているものは避けること、糖分率が高いものは選ばないこと、商品の加水率をチェックすることなどが挙げられます。

原材料が多いものやカロリー数値が低いものを購入すると、より多くの酵素を摂取することができ、ダイエット効果を高められるでしょう。

ファスティングの新定番として、最近青汁も注目を集めています。そこで、当サイトでは、初心者さんでも飲みやすいおすすめの青汁を紹介します。

ファスティングにおすすめ!青汁特集

週末ファスティング 週末ファスティング