初心者のためのファスティングnavi > ファスティングとは~断食のすすめ~ > ファスティングはリバウンドしやすい?
Contents

ファスティングはリバウンドしやすい?

ファスティングのリバウンドの理由は?

ファスティングは固形の食事を断ち酵素ドリンクなどの飲み物だけでカロリーと栄養素を補う体重のコントロール方法の一つです。運動をせずに体重のコントロールを行うことができますが、やり方を間違えるとリバウンドする可能性もあります。

リバウンドしてしまう理由として、大きく以下の2つが挙げられます。

  1. 準備期・断食期に制限を設けすぎて回復期に食欲が抑えきれなくなる
  2. 一時的な結果が出たことによる油断でお酒・食事・デザートの摂取など食べ過ぎてしまう

このように間違った方法でファスティングを行ったり、制限をしすぎたりするとリバウンドが起こる可能性があります。プチ断食として気軽に始められるファスティングだからこそ、リバウンドしやすい点を踏まえて始めることが大切です。

リバウンドするのは間違ったやり方をしているから

ファスティングでリバウンドしないためのポイント

ファスティングの際、事前準備をすることなく絶食すると胃や腸など消化器官はもちろん、精神的にも負担が大きくなります。このような状態でファスティングを始めると、体は食欲を満たそうとして食事の欲求が強くなり、回復期にドカ食いしてリバウンド…なんてことになりかねません。だからこそ断食状態に体を慣らすための導入期・断食期・回復期と区別してその時期に合わせた食事内容にすることが大切。

計画性もなく思い立ってすぐに実施するのではなく体と心に負担にならない状態の日を選ぶ事がオススメです。「食べないことが気持ちいい」とファスティングによる快感を得ることで、通常食に戻した時の過食を防ぐことができます。

また、ガチガチに縛りを設けた方法で実行するのではなく「朝食は食べる」「果物だけ食べていい」など、自分のライフサイクルに合わせて行うことで、無理なくファスティングが継続できます。なるべくストレスのない方法で実施することで、体調管理と体重のキープにも役立つでしょう。

ファスティング後もリバウンドしなかった方の体験談

初挑戦のファスティングはリバウンドなし

サロンの専属のカウンセラーの指導のもと断食3日間の前後に「準備食」と「回復食」の期間をおき7日間のファスティングをトライ。断食期間は酵素ドリンクと水分補給・準備食・回復食はほぼ同じ形態の野菜スープやおかゆを摂取。

ファスティングの2日は仕事で忙しくあっという間に過ぎました。ですがものすごく眠気を感じ体重も思うように減らず体調の変化はなかったです。

体重の変化がなくてもめげずに回復食を守ることで、塩分と糖分が濃く感じるように。それに伴って過剰に食べ物を摂取することが無くなり、普段の食事も薄味となりました。自分が食べたいと思う食事を摂取するだけですが、間食やお酒が欲しいと思わなくなり食生活に変化をもたらしました。

ファスティングの結果としては-2.3kg。むくみも取れてすっきりしました。リバウンドは今のところなし。準備期・回復期の極端な栄養失調や体調不良が起きないよう気をつけながら行うとファスティング成功へと導いてくれると思います。

参照元:アメブロ(https://ameblo.jp/mamiset/entry-12613297251.html)

週末ファスティング 週末ファスティング