大人のためのファスティング(断食)Navi > ファスティング(断食)とは~断食のすすめ~ > 頑固な皮下脂肪!
ファスティング(断食)で落とせるの?
Contents

頑固な皮下脂肪!
ファスティング(断食)で落とせるの?

いつの間にかついてしまったお腹周りのプヨプヨとした皮下脂肪。たるんだお腹をどうにかしたいというのは、男女共通の悩みでしょう。しかし、皮下脂肪は一度ついてしまうと簡単には落とすことができません。

皮下脂肪を効率よく落とすためには、どのようなダイエット法が有効なのでしょうか。皮下脂肪の消費に効果的とされるファスティング、皮下脂肪の特徴についてご紹介します。

ファスティング(断食)は皮下脂肪に効果アリ!ただしやりすぎは禁物

運動ではなかなか皮下脂肪を落とせないということであれば、皮下脂肪にはどのようなダイエット法が効果的なのでしょうか。それは、摂取カロリーを制限するダイエット。特に、ファスティングが有効といえるでしょう。

皮下脂肪を落とすには、「消費カロリー>摂取カロリー」という状況を作らなければなりません。

しかし、運動によって消費カロリーを増やすのは難しいもの。そこで、酵素ドリンクや青汁、野菜ジュースなどで適切に栄養補給しながら摂取カロリーを減らすことができるファスティングがおすすめなのです。

筋肉を落としてしまう恐れがあるので、要注意!

しかし、過度なファスティングを無理に行なってしまうと、筋肉も減ってしまうおそれがあります。筋肉はエネルギーを消費する部分ですので、筋肉が減ってしまうと太りやすい体質になってしまいます。

ファスティングによって皮下脂肪を落とすことができても、普通の食事に戻すとさらに皮下脂肪がつきやすい状態になってしまうのは困りますよね。皮下脂肪を蓄積しやすい身体にしないためにも、適度なファスティングを心がけましょう。

筋肉量の低下が心配という人は、プロテインなどが配合されているドリンクを選んでみるのもおすすめです。

また、ファスティング期間中は運動も合わせて積極的に行いましょう。このときに注意したいのは、運動の目的はエネルギーの消費ではなく、筋肉量の維持であるということ。筋肉量を維持するには、ストレッチやウォーキング、ヨガなどの有酸素運動がおすすめです。

一人が不安ならサポート付きプログラムがおすすめ

ファスティング中は普段よりも食事量が大幅に減るので、どうしても空腹感を感じやすくなっています。そのため、運動やストレッチをするのも面倒に感じたり、人によっては動くのすら辛く感じられたりすることもあるでしょう。

うまくできない事でネガティブな状態になるのは、メンタル的にもファスティングの成功のためにも良くありません。不安がある場合は、ファスティングに詳しいトレーナーに頼りましょう。目標に向けたプランを作成してくれたり、ファスティング期間中相談に乗ってくれたりしますよ。

皮下脂肪と内蔵脂肪の違いとは?

何かと敵対視されやすい脂肪。しかし、脂肪は必ずしも悪者というわけではありません。身体が飢餓状態になったときに栄養補給できるようにエネルギーを蓄積しておいたり、内臓を守るためのクッションになったり、細胞膜やホルモンをつくる原料になったりと、脂肪は身体には欠かせないものなのです。

しかし、エネルギーや脂肪を消費する量よりも多く摂取してしまうと、体脂肪となって身体のなかに蓄積されてしまいます。体脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪の2種類があり、一般的には女性は皮下脂肪が多く、男性は内臓脂肪がつきやすいことがわかっています。それぞれについて、簡単に確認しましょう。

皮下脂肪

役割と機能

皮下脂肪は、体温の調節や衝撃吸収、内臓器官の保護、エネルギー貯蔵などの役割を果たしています。また、皮下脂肪は外見的な役割も持ち、体形や輪郭の形成に影響を与えることもあります。

健康への影響

皮下脂肪の過剰な蓄積は、ひざや股関節、背骨などに負担がかかりやすくなります。特にお腹周りの皮下脂肪が増えると、腹圧が高まり、背骨や関節に余分な負担がかかることがあります。
また、のどの周りに皮下脂肪が過剰にたまると、気道が狭くなり、睡眠時無呼吸症候群と呼ばれる状態が起こる可能性も。睡眠時無呼吸症候群では、睡眠中に一時的に呼吸が止まることがあり、これが繰り返されると、睡眠の質が低下し、日中の眠気や疲労感、健康への影響が生じることがあります。

内臓脂肪

役割と機能

内臓脂肪は、体内のエネルギー貯蔵や内臓器官の保護と支持の役割を果たしています。また、内臓脂肪は代謝活性物質を生成し、血液中のホルモンやサイトカイン(細胞から分泌されるタンパク質)のバランスを調節する機能があります。

健康への影響

内臓脂肪の過剰な増加は、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の上昇を引き起こし、動脈硬化や血栓形成のリスクを高めると言われています。また、内臓脂肪の増加は血糖値や中性脂肪、全コレステロールの上昇に関連し、血圧の上昇も引き起こす可能性も。これらの要因は、生活習慣病のリスクを増加させることが明らかになっているため注意が必要です。

運動だけで、皮下脂肪を落とすのが難しいのはなぜ?

皮下脂肪は一度ついてしまうと落とすのが難しいので、可能な限り蓄積させないことが大切です。しかし、気を付けていても皮下脂肪がついてしまった場合はどうすればよいのでしょうか。

皮下脂肪はエネルギーを蓄積する組織でもあります。そのため、身体の中でエネルギーが不足すると、それを補うために皮下脂肪が消費されます。つまり、「消費カロリーが摂取カロリーを上回る」という状況を作らなくてはいけません。

「脂肪を燃焼させるためには、運動をするのが一番!」と考えている人も多いかもしれませんね。確かに運動すると消費エネルギーは大きくなります。しかし、運動の消費カロリーは意外と少なく、食事制限をせずに運動によって消費カロリーを大きくするということは、思っている以上に大変です。

また、腹筋や腕立て伏せなどといった筋トレは、それぞれの部位の引き締め効果は期待できるものの、やはり消費カロリーは少ないため、皮下脂肪そのものを減らすことは難しいのです。